ヘアケア

女性だけではなく、男性もヘアケアを行っている方は多いと思います。ヘアケアというのは、髪を手入れすることを言いますが、ヘアケアは大きく2つに分けられます。薄毛や抜け毛の予防や改善、育毛や発毛のためのケアを行うヘアケアと、毛髪のコシやツヤの改善などの毛髪自体をケアするヘアケアです。前者は頭皮、後者は毛髪…と考えると判りやすいかもしれませんね。

ヘアケアの種類というか方法は本当に多くあります。毎日行うものであれば、シャンプーやトリートメント、ブラッシングがありますし、毎日とはいかなくても定期的に行うと良いものであれば、ヘッドスパやマッサージなどのリラクゼーションが挙げられます。当たり前のように毎日行われている洗髪でも、正しい方法で行わないと意味がありません。誤った洗髪は、ヘアケアどころか、全くの逆効果になってしまうこともあるのです。

例えば、清潔を心がけようと、シャンプーで髪を洗う時、ゴシゴシと力を入れて擦るように洗うのは、頭皮にも毛髪にも良くありません。頭皮に脂質などは、擦れば落ちるというものでもないんですよね。それに、爪で頭皮を傷つけてしまい、湿疹ができたり、炎症を起こす可能性もあります。また、時間をかけて充分にすすがないと、頭皮や髪にシャンプーの成分が残ってしまい、様々な頭皮トラブルが起きてしまうほか、それが原因で抜け毛や薄毛に発展することも少なくありません。

…このように、毎日のヘアケアも、正しく行わないと全く意味がないんですよね。

人によって髪質は違いますし、また頭皮の状態も異なります。それによってヘアケアも異なってきますから、正しいヘアケアを行うためには、まずは自分の髪質や頭皮のタイプを知ることが重要ではないかな、と思いますよ。ファッション誌やヘアカタログなどにも、ヘアケアについてのノウハウが掲載されていることが多いですし、インターネットでも多くの情報が載せられています。それらを参考にして、正しいヘアケアをしましょう。

ヘアケア製品のブランド

ヘアケア製品のブランドの数は、本当に多く存在します。
大手化粧品メーカーでは、必ずといって良いほど、ヘアケア製品も取扱っていますし、もちろんヘアケア製品のみを取扱っているブランドもあります。
また、国内だけでなく海外もあわせると、ヘアケア製品のブランドの数は数え切れないほどです。
それに、同じメーカーでも数多くのヘアケア製品のブランドを取扱っているところも多いですしね。
例えば、同じ資生堂でも、TSUBAKI、マシェリ、アデノゲン グレイシィがありますし、ロレアル・パリならば、エルセーヴ ダメージケア シリーズやエルセーヴ ニュートリ グロス、エルセーヴ カラーヴィヴなどがあります。

ヘアケアのブランドが多いということは、それだけ自分の髪質や髪の状態にあったものを選べるということですから、利用者としては良いことなのですが、しかし数が多ければ多いほど、悩んでしまう…というのも事実です(笑)

ヘアケア製品の特徴は、ブランドによって異なります。
ダメージヘアの痛んだ部分を補修し、艶やかでしなやか、そして滑らかな髪にするタイプのものや、髪の成長を促進させ、頭皮や毛根などの根本的の問題を解決する、育毛や発毛の効果も期待できるタイプのものなどがあります。
どちらも髪のためには必要なものですから、髪の状態や頭皮の状態を重視して選ぶことが大切です。

また、最近はヘアケア製品の原料にもこだわっているブランドも多なってきています。有機栽培で作られた植物や農作物のみを使用していますから、自然の力で髪や頭皮にも優しく働きかけ、余計な成分を残しません。
肌と同様、頭皮も敏感肌というのがありますから、湿疹やかぶれなどが出来やすい方は、オーガニックのヘアケア製品を使った方が良いかもしれません。
また、薬用ヘアケア製品などもありますから、そういったタイプのものも視野にいれても良いですよね。

ただ、どのヘアケアのブランドでも言えることなのですが、使用用法は必ずきちんとして下さい。
どんなに髪に良いものだとしても、正しく使わないことには意味がありませんし、逆効果になってしまってトラブルを招いてしまう恐れもあります。

ヘアケアでのブラシの使い方

ヘアケア方法の1つとして、ブラシの使い方は重要です。
毎日のブラッシングは、ヘアケアのためには欠かせないものですし、もちろん正しく行わないことには意味がありません。

正しいヘアケアでのブラシの使い方は、まず毛先から順番に梳いでいく…ということです。
髪の付け根…つまり毛根部分に負担がかからないよう、いきなり毛先から梳いではいけません。
髪の途中を持ち、軽くほぐすようにブラシを使いながら梳き、徐々に毛根部分へと梳く場所を上げていきます。
こうすることが、一番髪にも頭皮にも負担をかけないブラッシング方法です。

また、ヘアケアで使うブラシにも多くの種類があります。
静電気を起こしにくいブラシや、切れ毛になりにくいブラシなどの特徴があるものや、梳くだけでサラサラのツヤツヤになるブラシ、イオンを出すブラシ…と様々です。
あと、頭皮を洗浄する効果のらうブラシや、頭皮をマッサージする効果を持つブラシもありますよね。
ヘアケアのためのブラシ…といっても、多種多様にあるのだな、と驚きました。
もちろん、髪質や髪の量によって、自分にあったブラシは異なりますが、多くの種類があればあるほど、選べる対象が広がるのは嬉しいですよね。…迷いますけど(笑)

また、ブラシ部分(毛)の素材にもこだわっているものが多くあります。
ナイロン製のもの、自然(獣毛)、ステンレスなどの金属、セシオン…等があり、獣毛でも、馬や豚、イノシシの毛などが使われています。

ヘアケアでブラシを使うことで期待できる効果というのは、髪のほつれを解くことと、髪についた埃やゴミを落とすこと、清潔さを保つことなどが挙げられます。
大切なことは、ヘアケアではブラッシング専用のブラシを使い、なるべく静電気を起こしにくいものがベストです。
そして弾力性がなく硬いものは頭皮を傷つけたり、毛髪に刺激を与えすぎてしまうので、あまり良くありません。
また、頭皮に痒みや湿疹がある場合、日焼けでダメージを受けている場合などは、ブラッシングはなるべく控えて下さい。
髪が濡れすぎている状態でのブラッシングも毛髪を傷めるので、行ってはいけません。

続きはこちら

白髪染め比較ランキング おすすめ白髪染めはこれ!

白髪染めはたくさんの種類がありますので人気の白髪染めの実力を比較してランキングでおすすめの白髪染めを紹介しています。肌に優しい白髪染めは津年に人気ランキング上位です。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: